厨房機器を買取依頼する|キッチンに必要なアイテム

厨房

様々な処分方法

設備買取と現況保存について

厨房

飲食店舗の運営を休止する場合、その店舗の処分を検討することになります。不動産としての店舗に関しては、多くの場合は賃借して運営していることが多いと考えられるので、賃貸主に返還することになります。 一方、厨房機器などについては、賃借側が取り付けたものがある場合、基本的には撤去して、店舗不動産を返却することになります。この場合、厨房機器については、再使用可能なものについては、買取などを通じて現金化するか、それに該当しない場合には、廃棄処分することになります。 一方で、賃貸主が許可した場合には、厨房機器を取り付けたままにすることもできます。新たに店舗として賃貸する場合に、有利に貸し出すことが期待できるからです。

処分の金銭的な検討について

賃借側が厨房機器を自前で取り付けた場合、そのまま残すのでは購入費用の回収ができません。一方で、廃棄処分を検討している場合には、そのまま残すことで、処分費用を省くことができます。 機器が買取の対象になるような場合でも、賃貸主に買取ってもらう形で、購入費用を回収する方法もあります。いずれにしても、そのまま残すには賃貸主の了解が必要なので、了解が得られない場合には、撤去するしかありません。 了解が得られる場合には、賃貸主に買い取ってもらうか、買取業者に買い取ってもらうか、選択することが必要です。その際には、両者を交えて、買い取り金額について見積もりを求めることが有効です。 このようにして、より有利に処分することが大切なのです。